履き心地がイイ おすすめ メンズ ボクサーパンツ

あなたは 毎日どんなパンツを履いていますか?  最初にボクが今 お気に入りのパンツを言うと、 コレです。 

僕の履いたパンツの歴史 ブリーフ トランクス ボクサー ローライズ など

僕が子どもの頃は みんなブリーフが当たり前でした。 プールの授業前に着替える時や 身体測定の時 ひとりもトランクスの子は いなかったような気がします。 何十年も前の昭和の話です。任天堂がゲームウォッチを出した頃の話です。  それがバブルの足音が聴こえてきた頃くらいから 徐々にトランクスが増え始めたんです。

むかしは トランクスなんか履いていたら 目立って仕方がないような空気だったのに、 今度は逆にブリーフが目立つように感じる空気になってきました。

その後 僕は 世間のベルトコンベアーに乗っかるかのように トランクスへ変更。 そうすると今度は  今までと違って パンツの中の風通しが 急に良くなり スースーして ぷらぷらと締め付けがなく 放任主義みたいな感じで 慣れるまで 少し時間がかかった記憶があります。

永谷園だとか 出前一丁だとか 面白い絵のプリントしてあるトランクスも色々と履きました。 でも あのような面白いパンツやTシャツって 品質が悪い物が多いですよね? ゴワゴワ チクチクする感じ。

その後 10年以上の年月が流れ 今度は 股上の長さが短いズボンが売られ始めます。 僕は ヘソの すぐ下あたりまでズボンをグッと引っ張って履くのが当たり前のような感じでしたので そういう股上の短いズボンのお腹をガードされていない感じが落ち着かず 色んな服屋さんへ 股上の長いズボンを探しに行きました。

でも どこへ行っても 股上の長いズボンがないんです。 僕の大好きなシンプルなデザインのZARAなんて 特に ありませんでした。  そうか世界のファッションは こういう流れになったのか? と思ったものの トランクスだと ズボンの上から きしめんみたいなゴムの部分あたりが 少し はみ出てしまう。

なにか いい方法はないものか?と 色々 考えていた時に ユニクロでローライズパンツに出会いました。

エックスサーバー

ユニクロでローライズ パンツというものに出会う

いつものように 何気なく ユニクロの店内をうろうろしていると ローライズって書いたパンツが並んでいることに気づきました。 でも僕が履いたらダチョウ倶楽部の上島竜兵さんみたいにならないかな?とか色んなことを考えながら 試しに3枚 買ってみました。

家に帰り さっそく そのパンツを履いて お気に入りのZARAのズボンを履いてみると あら不思議! やっぱりズボンの上からパンツが はみ出さない。 やりました。 僕の中では大発見です。 この日から ローライズパンツ生活が始まりました。

ローライズパンツを履いた感想

ユニクロのローライズパンツは値段も手頃だし 履き心地も肌触りもいい。 もっと早く気付けば良かったと思いました。 トランクスがこれまで当たり前だったので  ローライズパンツになると やや締めつけられる感じが 最初はありました。

しかし ズボンの中で 余分な生地がないぶん スッキリして トランクスとは逆に涼しいんです。 本当に 何でも一長一短だなと思いました。 ここから数年は1度も浮気もせず ずっとユニクロパンツ一筋だったと思います。

1杯のコーヒーに食物繊維が4g♪【カフェサプリ 食物せんい】

グンゼのパンツへ履き替え ユニクロパンツさん 今まで ありがとう また会う日まで さようなら

今から 数年前 ある日 何気なくインターネットのタイムラインでテレビや新聞が報じないような世界の出来事を読んでいたら ユニクロのことが書いてありました。 従業員を大切にしていないという とても悲しく酷い内容でした。 その記事ひとつだけなら まだしも 他にも たくさん 同じような内容の記事を目にしましたので 何だか僕はユニクロに対し 印象が悪くなってしまいました。

そうなってくると 聴きたくない情報が次々と耳に入ってくるもので 、ファストファッションで使うための綿を作っている インドの綿畑では 防具も無しに農薬を撒かされている人たちが35歳くらいで亡くなっているという記事も目にしました。

これまで 当たり前のように安けりゃ儲けものみたいな感覚で買い物していたので 恥ずかしい気持ちになりました。 それからは ファストファッションのお店で数百円で売られているセール品の服を小さな子どもと一緒に目を輝かせ たくさん買い物している親を観る度に 複雑な心境になります。

しかし そうは言っても オーガニックな服や下着ばっかり買っていたら お金が持たない。 とても難しい問題ですね。 なので 僕は なるべく良い商品を買って 長く着るように心がけています。

やっぱり安物は その時だけは得した気がしますが、 生地が伸びたり 擦り切れたり  毛玉が出来るのが早い気がします。 たくさんの農薬が含まれていたら健康にも悪い。 そういう訳で 僕は昔よりも 素材や肌触りや価格など 色々と考えて買い物をするようになりました。

悲しいニュースから色々と知ることができました。

そんなことを考えていた時 ふと そういえば パンツと言えばグンゼって昔から よく言うよな? って思い グンゼのメンズのパンツをネットで調べてみました。 すると BODY WILDという ボクサーパンツを発見しました。 シンプルな無地のデザインが素晴らしくて 直ぐ 注文しました。

翌日 グンゼのパンツが家に届いたので さっそく履いてみると これが またイイ。 良すぎる。 履いている事を ほとんど感じさせない感じがイイ。 腰の辺りの きしめんみたいなゴムの部分も太くなくって 自然でイイ。 ぼく あそこのゴムがしっかりと 分厚つぎると窮屈な感じがしてストレスになるんです。

それからというもの ずっとグンゼです。  やっぱり僕は 色々と大きな文字が書いてあったり 派手な色だったりするよりも 自然でシンプルなものが好きです。

まとめ

本日は パンツについて 色々書いてみました。 毎日 肌に着けるものは 肌触りやフィット感で 自分のやる気にも関わってくるので ストレスのない 気持ちいいパンツを履きたいものですね。

僕は今のところ 価格など総合的に観て はき心地のいいパンツはグンゼのBODY WILDが1番だと思っていますが、 他にも まだまだ 素晴らしいパンツがあるかもしれません。  もし 他に 素敵なはき心地のパンツを見つけたら また そっちも履いてみようと思います。

では また



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。