タイ旅行 ホン島(Hong Island)のんびり日帰りツアーへ行ってみた

2019年 12月 

アオナンビーチ 周辺から歩いて行けて アオナンビーチよりも 人が少なくてキレイなPai Plong Beach の帰り道に申し込んだ ホン島ツアーの日がやってきました。  色んなツアーがあったのですが これが1番 のんびり出来るということなので この日帰りツアーにしてみました。

実は こういう何日の何時に予定があると決まっている状態は ボクの場合 それがたとえ自分の好きな人や場所でも すごくストレスになるんです。 同じような症状の人 いるでしょうか?(笑)  だから あんまり こういうツアーに参加したくないのですが、 ツアーじゃないと なかなか行くのが難しい島だから仕方がない・・。

本日は そのホン島(Hong Island)ツアーに行った時の話です。 

YouTubeはこちら。 動画でも どうぞ。 

ホン島ツアーの迎えをホテルで待つ

本日はホテルのロビーでホン島ツアーの迎えを待たないといけません。 他の方々を待たせてはいけないので 時間はバッチリ守ります。   

ツアーは9:00〜15:00 紙には8:30〜8:45に迎えに行くと書いてありますので 8:30から あの車かな? この車かな? と 待っていました。

結局 迎えが来たのは8:50でした。  こういうのって 色んな お客様がいるから だいたい遅れる場合が多い。 そういう遅れる人に限って けっこう文句も多かったりする。  スタッフも大変だろう・・。(笑) 

パンフレットには2400バーツと書いてあったけど1300バーツでした。 何でか解らないけど。 元の値段が高すぎるトリックな気もするかも。 この料金とは別に現地で300バーツ必要と言われました。  

最初はホテルのロビーで待っていたのですが、 エアコンの効きが弱いので 外で待つことにしたのですが、 外の方が涼しかったです。 

am8:50スタッフに案内され 車に乗り込みます。 日本人はボクひとり

こういう状態で車の荷台に乗っている訳です。  では出発です。 

L字カーブを背に アオナンの海を左手に 7〜8分 車で走ると船乗り場です。

船乗り場に到着

ホン島へ行く船に乗る場所に到着

ここで300バーツ払い 名前、宿泊先、年齢、国籍を記入。 

ここから 数分 歩いて 船に向かいます。  たくさん船が並んでいます。 これだけグループがあるということです。 

別のグループに着いていかないように気をつけて

後ろを振り返ると こんな感じ。 みんな それぞれの船へと向かいます。

乗る船が観えてきました。 左端に写っているインド人男性は右手にドローンを持ってますね。ドローンの映像は素敵だけど ボクはアレを持って旅する気にはなれない。 身軽が1番。 どんどん世の中は便利になっているはずなのに 旅の撮影ひとつを考えてみても、どんどん 荷物が増え 忙しくなっている気がするのはボクだけか・・?  

出航です

ではホン島(Hong Island)に向け 出航です。 のんびり行きましょう。 スピードボートなので船酔いするボクでも 全く大丈夫。 結局ツアーが終わるまで1パーセントも酔いませんでした。 

このツアーでは最後に到着するホン島(Hong Island)を含め4つの場所に行きます。 まずは 最初の休憩場所のラグーン(Lagoon)に向かいます。

みんな こんな格好です。 ここまで着替える場所や時間は1つもありませんでした。 ですのでホテルを出る時から水着がオススメです。 救命胴衣は 皆 最初のラグーンまでで その後は 誰も付けていませんでした。(笑)

ひとり参加は この男性とボクだけです。 この男性 時々 嗅ぎタバコを味わうのですが、 その鼻に近づける仕草が 粋でした。俳優のジェイソン・ステイサムさんをぽっちゃりさせた感じ。 

ラグーンが近づいてきました。 この船長さんも とても優しい人でした。 船の運転以外にも荷物運びに ランチの準備まで 何でもやっていました。

ラグーン(Lagoon)へ到着

速度を落とし ラグーンの中へ入って行きます。

ここで15分の休憩のようです。 泳ぐ人、SNSにアップする写真を撮る人、ドローンを飛ばす人、 それぞれに楽しみます。   ボクの乗っていた船はドローン飛ばしていたインド人 以外 みんな泳ぎました。

ボクは泳ぐつもりがなかったので水着じゃなかったのですが、やっぱり泳ぎたくなり麻の半ズボンのまま海に飛び込みました。(笑) ラグーン(外海と隔てられている場所)は揺れないので 船に弱いボクも全く酔いません。

SUP (Stand Up Paddleboard スタンドアップパドルボード)してる人たちも。 これイイですね ecoで。 排気ガス出ないし。 ボクもやりたい。

そろそろ 次の場所 Pakbia Island へ移動です。 ラグーン ありがとう。

クラーボックスにスイカ見つけた!  このスイカの周りのペットボトルの水は 勝手に飲んでもよい空気感でした。 

Pakbia Island に到着

ここでも 數十分 それぞれが 好きな場所で過ごし 時間になれば船に戻ります。 泳ぐ場合は砂浜にカバンを置いたまま海に入るので 大金やカードは持ってこない方がイイかも。 

トイレも 津波の時の避難場所もあります。

絵に描いたような素敵なご家族が写真撮影していました。

さて そろそろ 次の場所 Lading Island へ 移動です。
そこでランチです。

Lading Island でランチ

Lading Island に到着しました。 ここでランチです。

船の運転手さん 荷物の積み下ろしも やります。 

絵葉書みたいな場所で ランチできます。 時間まで 各自 自由に過ごし 好きな時にランチを召し上がってください。 ランチのメニューはグリーンカレー、野菜炒め、ライス、スイカでした。 グリーンカレー めちゃくちゃ美味しかったです。 ヤマモリ のレトルトより おいしい。(笑)

この青いシャツの女性 笑顔の素敵な可愛らしい人でした。 誰も見ていなくても 人の為に動く感じの人。 何か持って立っています 近づいてみましょう。 

あのクーラーボックスの中に入っていたスイカです。 『ランチの準備が出来るまで もう少し待ってて』 と言われました。 

みんな 各ツアーごとに こうやってランチしています。 

アッチに歩いてみましょう。 

なにか建設中で ここで行き止まりでした。 この右手がトイレです。  このツアーで立ち寄る島は 全て ゆっくり歩いて端から端が10分くらいです。 方向音痴のボクでも 迷いません。 

ランチが済んで すこし休憩したら 
次は最終地 ホン島(Hong Island)へ 出発です。

ホン島(Hong Island)に到着 

この浮かんだ桟橋 けっこう歩きにくい。 想定外の揺れにヨタヨタします。 

ボクの後ろを歩いていた女性もヨタヨタしてました。 

『なんでカバンにカナビラ着けてんの?』ってよく訊かれるのですが、 カバンにカナビラ着いていると 持ち物を引っ掛けられ、手が開くので楽なんですよ。シュノーケルは無料レンタルしたのですが、 透明度は悪く 5mくらいかも。   砂が細かくて白いからでしょうか・・? 

キレイなビーチです。 

この島の後は アオナン までスピードボートで25分。 帰るだけです。 あとは時間まで各自 のんびり自由行動です。

トイレは この緑の木々の中に あります。 飲食店のような建屋も1軒だけ観ましたが高くて あまり美味しそうじゃなかったかも。    

島の中を 少し歩いてみましょう。 あの1番 端っこが船を降りた桟橋です。 ビーチの近くに高い壁があるのが このあたりのビーチの特徴かも。 この壁 崩れてこないか心配になりますが、触ってみると すごく硬いです。 

船を降りた桟橋を背にすると こんな景色です。  透明度は良くないので、個人的には 波打ち際でピチャピチャ遊んで、木陰で のんびりするのがオススメです。

一見 正面の壁でビーチが終わっているように見えますが、
この壁の向こうにも ビーチがあります。  

壁の向こう側のビーチから 船を降りた桟橋の方を観ると こんな感じ。

ビーチの向かいの緑の木々の中から ビーチを観ると こんな感じ。 日焼けしたくない人は このあたりにいるとイイかも。  ボクの背中側には木のベンチやテーブル、トイレ、飲食店のような建屋が1軒だけあります。 

砂は こんな感じです。  白く細かいので 透明度は5mくらいかも。  このツアーではシュノーケルはせずに、 ただ のんびり過ごすのがオススメです。 

あの端っこへ 行ってみます。 日陰もあるし。 

この場所で のんびりすることにしました。 海水の透明度は良くないので 前にいる2人の女性みたいに波打ち際で のんびりがオススメです。  

前方100mあたりの遊泳エリアのラインまでシュノーケルで行ってみましたが、 5mの透明度が7mになるくらいの感じで あまり波打ち際付近と あまり変わらなかったです。 (笑)

この場所で 船を降りた桟橋の方を観ると こんな感じ。  このカバンは お隣の家族の物なんだけど、みんな この用に荷物を砂浜に置きっ放しで 遊んだり 泳いだりするので 大金やカードは持ってこないように。  

なにやら 後ろに人だかりが出来ている。 行ってみましょう。 

大トカゲです。 
こんなに大きな野生のトカゲを観たのは生まれて初めてです。

アップで大トカゲを もう1枚

このあとは 時間まで ビーチでのんびりして、 船が出る時間が近づくにつれ 桟橋の方へと戻って行きました。 このツアーは9:00〜15:00 本当にのんびりでした。 

15:00に終了するので 帰ってから アオナン ビーチで夕陽も観れますね。

本日は この辺で  

では  また。 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。