ホーチミンでの散歩は涼しい時間がイイ ベトナム ひとり旅

この作文は 2020年1月のサイゴン(ホーチミン市)での出来事です。 

まだ コロナが心配ですが、みさまま いかがお過ごしでしょうか・・? 

オリンピックなどで1部の人々が儲けたいがために 毎日 毎日 繰り返される安心感を造り上げるようなテレビ報道。 大変残念ですが、ボクは全く信じていません。 海外の人たちも 日本の検査数(分母)を言わずに 感染者数だけを報じ続ける報道に ドン引きされています。 

異常を異常と感じない異常

日本以外の報道や スポンサーの息のかかっていない 色んな人々の文章を読み、映像を観て 引き続き テレビ・新聞が報じないこと、 報じられないことを知り 自分を守りましょう。 #StayHome

さて  そんな中 2020年1月に行ったサイゴン(ホーチミン市)での出来事を 今頃 ブログに書いたりYouTubeにアップしたりしております。 

前回のブログでは、 ホーチミン市(サイゴン)で有名なバインミーのお店 ヒュン ホア(HUYNH HOA)から グエン フエ通りまで歩いて来ました。 今回は そのグエン フエを夜 散歩するところからです。 

ベトナムでの散歩は 涼しい時が 乙

バインミー屋さんからは だいたい こんなコースで歩いて来ました。 やっぱりベトナム サイゴン 夜でも暑い。 汗をかきたくない、 ひったくりに遭いたくない、 時間が無い、 などの人はドア からドアへの移動 タクシーやGrabを お使いください。 

ロマンチックなネオンが広がる 縦長の公園です。 

ここから 歩いて数分のホテル・コンチネンタル・サイゴン や マジェスティック・ホテルなどに ベトナム戦争時代は世界中のジャーナリストが泊まっていたなんて嘘の様な光景です。 この2つの有名ホテル どちらも高いのでボクは泊まった事などありません。

ですが、 コンチネンタル サイゴンではランチだけ食べに行き 空間や雰囲気を愉しんだことがあります。 周りでは お金に困っていない感じの 高級ホテル慣れした雰囲気の中国や欧米の人々が お食事されていました。  このホテル ピザも美味いそうですよ。  

マジェスティック・ホテルでは アイスコーヒーだけ飲んだことがあります。 どちらのホテルでも ここから世界各国にジャーナリストが記事を送ったんだと思うと 不思議な感じがしましたが、 何も知らない人が行けば ただの高級ホテルです。  

近くに滞在されている人は 1度は行かれてみてもいいかも。 ボクはマジェスティック・ホテルの方が 天井が高くて 眩しくなくて 落ち着きました。 コンチネンタル サイゴン内のレストランは 少しザワザワとしていました。 時間帯にもよるのでしょうが。  

話をサイゴンの憩いの場 グエン フエ通りに戻すと 

噴水の周りとかに この様に腰かけ まったりするのもオススメです。 色んな 物を 本来の値段より高く売ろうとする人も近づいて来ますので 気をつけて。 

ホーチミン市人民委員会庁舎

ライトアップされてキレイですね。 あの庁舎の前に ホーおじさん(ホーチミンさん)の像があります。 この縦長のグエン フエ通りは あの庁舎から ボクの背中側は サイゴン川の手前まで伸びています。 

この通り沿いにも素敵ホテルは ありますが どこも高いです。 1万5千円くらいはします。  ボクのオススメは 大通りから すこし中に入った所です。 同じ様な間取りで こういう一等地の宿泊代の3分の1以下が ゴロゴロある。  まあ お金の使い方は 人 それぞれですが・・。

ホーチミンは 宿もレストランも 大通りから少し中に入ったヘム(小道)に多いです。 ホーチミンあるあるです。 

浮いたお金で 美味しいもの 美味しい時間を。 

大道芸人が おられたので しばらく眺めていたのですが 本当に動かない・・。 お腹も ほとんど動いていない。 色んな所で 時々 こういう人 観るけど どういう理由で これをやっているのか訊いてみたい。 例えば『人の驚く顔が好き』とか『ただの暇つぶし』とか。 

ボクは こういう大道芸人さんに楽しませて頂いた時、波長があった時は、 いつも だいたい その地域で1回 普通に食事ができる程度のチップを入れています。 コインは入れません。  なんとなく そうしています。   

観ていただいている通り このグエン フエ通り 周りはお店だらけです。 お腹が空けばレストランもカフェも 迷うほどあります。 下調べしてから来られるのも いいかも。

ビテクスコフィナンシャルタワー(Bitexco Financial Tower)

サイゴン川に向かって右手には ビテクスコフィナンシャルタワーがあります。 

高い所がお好きな人は 上ってみて。  このタワー 1000円くらいの展望台チケットを買わなくても 無料で上がれる 裏技があるんです。 入って すぐのエスカレーターで上の階に行くと、Cafe EON の入り口があります。 そこでカフェ か バー に行くと言えば 無料で見晴らしのイイ高さまで上がれるんです。

こういう知らないと損するシステムって 日本にも色々ありますよね・・。 

このシステム 少し ややこしい。 こちらの方が 上手くブログで説明してくださっていますので貼っておきます。→ https://asianmobile.org/eon51-cafe-eon/

Caféアパートメント 

サイゴン川に向かって右手には 有名なカフェアパートメント  
どこに行こうか? 迷いますよね。 

ボクは まだ1度も中に入ったことないです。

ホテルへの帰り道に出会った かわいい犬。
こういう服 市場でも山ほど売られているのですが・・。 

この暑い国で 毛皮に さらに服を着せるって すごい違和感を感じます。 犬と住まれている人々は人間目線ではなく犬目線で。  

暑い国では 体力消耗が激しいので小まめに一旦ホテルに帰ったり、カフェやコンビニで水分補給を。  水分がカラダに吸収するには1時間かかると言われる医師もおられます。 喉が乾いてからでは遅いという意識を。 

朝食 breakfast

こういう異国での朝食って 庶民は 普段は食べられない様な珍しい物がたくさんあり 『今度 食べられるのはいつだろう?』っていう気持ちが働き 食べ過ぎますよね。 🐽 

こちらの女性のファッション イイね!  着られているご本人も たまたま目に入ったボクも ゆったりが伝わり楽です。 ひとり旅は 人様のファッションを観るのも愉しい。  

スイカジュースも美味しい。 もうスイカを絞った汁 そのもの。 

あちらに観えています 青い窓ガラスの建屋は ZARAとかが入っている Vincom Center です。 美味しいカフェやレストランも たくさん入っています。

この建屋の中は 何でも日本と あまり変わらない価格ですが 何でもあります。 ボクは よくZARAに服を観に行きます。 何も服を持たずにベトナムへ来て 服を買うのもイイかも。  

こういう南国の服屋さんって、革ジャンやコートを売っているのは謎ですよね。 これから寒い地域へ行かれる人のためか? 我慢大会か・・?(笑)

レタントン通り 日本人街へ お散歩

ここは ホテルの玄関なのですが、なかなか洒落ていると思いませんか? 
天井が高いというのは イイ。  

ちょっとレタントン通り(日本人街)あたりまで お散歩します。 
下の地図の上の赤マークあたりまで のんびりと歩くだけです。 
しっかり食べたら とにかく歩く です。

適当に選んだ赤マークの場所は ボクがよくお世話になる まじめなマッサージのYuan です。 まじめなマッサージがお好きな人は是非。 

Foot 40分 180,000ドン(約840円)〜
Body 40分 260,000ドン(約1200円)〜   

ボクが宿泊したホテル 外から観ると こんな感じ。
一応 下にホテル名と住所を書いておきます。   

  • Icon Saigon – Luxury Design Hotel
  • 65 – 67 Hai Bà Trưng, Quận 01, Saigon, Vietnam
  • 日本の正月休みで 1泊11000円くらいでした

歩き始めると すぐ左手にパークハイアットが見えてきます。 このホテル この辺りでは 別格の香りがプンプンして かなり目立ちます。 1泊3万円くらいでしょうか・・?  

世界中 どこへ行っても こんな高級ホテルばっかり泊まっていたら 何十回 海外旅行しても庶民のことなど解らないんだろうなぁ と冷めた目で 観てしまう自分がおります。 

よくSNSとかで こういうホテルに泊まることが幸せだと思い込んでいるかの如く 一生懸命に写真をアップロードされている人 いますね。 同じ街に滞在しても 別の景色を眺めているという訳です。   

だから政治屋や売れてるタレントほど庶民感覚から遠ざかるのか・・?  

まぁ お金の使い方は 人それぞれですが・・(笑) 

話をお散歩に戻すと、  こういう すぐ真横をバイクが走る道では スマホの引ったくりなどに注意を。 羨ましがらせたり、犯罪者を作らない工夫も大切です。 バイクに乗っている人の手が届かないように なるべく車道から離れ、バッグも 車道とは反対側にタスキ掛け、 人混みでは 必ず抱っこ持ちを。

安心できるタクシー会社は どこ?

この緑のタクシーはサイゴン(ホーチミン市)では安心できると言われている会社MAI LINH(マイリン)タクシーです。 白い車体もあります。 

上の緑のマイリンタクシー以外に VINASUN(ビナサン)タクシーも安心と言われています。ビナサンタクシーは白い車体に赤と緑の文字とラインです。   

どちらの会社も絶対安心という訳ではないですが、 ボクは これまで1回もトラブルは無いです。 しかし、 ちょっとチップ多めに獲ろうとする人は 何度か遭いました。(笑) 

ややこしいのは日本にもいます。
そういう時は スマホで写真を撮って 『会社に言うぞ』が1番 効くそうです。   

最近は ほとんどGrabを利用していますが 時々は お世話になっています。

本日は このあたりで。  

次回は パークハイアット サイゴンの手前を右へ曲がり レタントン通り(日本人街)方面へ ぶらぶら 歩く所から。

この様に ただサイゴンの街を 歩き 観たこと 感じたことの羅列です。

こんなので よろしければ また お越しください。

YouTubeもやっています。 動画でも どうぞ。

  

では  また。 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。