小型ジンバルカメラ DJI Pocket 2 少し使った感想

iPhoneを使い始めた頃から  だんだんとカメラを持たなくなって行きました。 iPhoneの映像で 十分だと思っていたからです。

そんな中 2020年 9月にDJIのMavic Miniというドローンを なんとなく買ってみました。 すると、6畳間で飛ばせるほどのホバリングの安定感にも驚きましたが、 映像が美しくブレていないことにも驚きました。 

ですので このブレ防止機能(ジンバル)付き小型カメラなら 日常や 旅先でも簡単に 素敵な映像が撮れるだろうと思い。 買うことにしてみました。

Go Proと どっちを買うか迷ったのですが、 歩く時に なるべく目立たない大きさが良かったので、 なんとなく こっちのDJI Pocket 2にしてみました。 

と言うわけで 本日は その小型ジンバル(ブレ防止機能)付きカメラ DJI Pocket 2 を買って 少し使ってみての感想です。 

なにかの お役に立てれば幸いです。 

では  はじまり はじまり。 

コンボと単体 どっちを買う?

購入する場合、本体のみと セット(Combo)2通りの買い方があるのですが、 色んなコメントを読んでいたら 圧倒的にCombo(セット)で買った方が得だと言われている人が多かったので、 ボクは なんとなくComboにしました。 

コンボの方が良い理由は 単品で後から色々と付属品を買うよりも価格が だいぶと安いからという ご意見が多かったです。 

まだ数回しか使っていない時点のボクの意見は、

歩きながら自分の声を録音されない人や、 わざわざ胸元にマイクを付けずに シンプルに手に持つだけで十分だという人は、 別に本体のみの購入でも いいのでは? と 現時点では思ってしまいます。(笑) 

なぜなら、 まだ1回もワイヤレスマイクも、広角レンズも、三脚も、使っていないからです。 これから使うかもしれませんが・・(笑)

ちなみにワイヤレスマイクを使う場合は 本体のお尻の部分を引っこ抜いて Do – It – All ハンドル という物に取り替えないといけません。 これが またキツキツで硬いのです。 抜く時 なかなか取れない。 ボクのだけかもしれませんが・・。 

ですので、 ワイヤレスマイクを使う度に 本体の下の部分を引っこ抜いて 取り替えたりせずに、 シンプルに ただ手で持って使うことばかりになりそうな人は 本体のみの購入でも いいかも? (笑) 

そりゃ 広角レンズや、 ワイヤレスマイクなどを付ければ 素敵な映像が撮れるのでしょうが、 それがストレスになり撮影者が疲れてしまっては意味がない(笑) 

そういうことです。 

シンプルには シンプルの良さがある。 なんでも こだわり過ぎると疲れます。 ボクの場合は特に。 

本体のみは こちら  

いやいや 私は 絶対に マイク、広角レンズ、三脚が 必要だということが予測される人は こっちのコンボをお買いになればいいのではないでしょうか? 値段の差は15000円くらいです。

箱の中身を1つずつ紹介

それでは 箱の中身を1つずつ 簡単に紹介していきます。
本体も含め 全部で13個 入っています。 

ビデオは これが解りやすく説明してくださっています。

① 本体

② カバー

Lightningスマートフォンアダプターや USB-Cスマートフォンアダプター、広角レンズを中に収納できます。 広角レンズに関しては磁石で簡単に装着でき とても楽です。 

カバーの上に ワイヤレスマイクを付けて 立てることもできます。 
よく考えられていると思います。 

③ ミニ操作スティック 

設定でカメラの向きにすれば スティック(左)を動かすと カメラの向きを変えられ とても楽です。 

設定でズームにした場合は スティック(左)を動かすとズームにできます。 

※ 設定でスティックの動きが違ってきますので ご注意ください。 

④ 3脚マウント 

最初は こういう穴のない蓋がついた状態で送られてくるのですが、 最初から これで いいのにと思うのはボクだけかしら?(笑)

ワイヤレスマイクを使う時は このお尻の部分を ⑩Do-It-Allハンドル に取り替えないといけない訳ですが、 学生時代 腕相撲がクラスで1番だったボクでも なかなか硬くて外れないので 困っています(笑) この抜き差しする部分は もう少し 楽に外せるようにすべきだと思います。 女性やお年寄りは かなりキツイと思います。  それとも硬いのはボクだけかしら?

⑤ Lightning スマートフォンアダプター 

スマホとジョイントできるみたいなのですが、 ボクは最初のアプリの設定の時以来 1度も使っていません(笑)

⑥ USB – C スマートフォンアダプター 

上の⑤と端末の形状が違うもの 

⑦ リストストラップ 

⑧ マイクロ三脚

頑丈なので 見た目より 少し重く感じるかも。

たためます。 

⑨ 広角レンズ 

磁石で 本体にも、カバー内にも、簡単に取り付けられるのには驚きなのですが、 自転車や、走ったりして 振動のある状態でも 取れないのかしら?

⑩ Do – It – All ハンドル

ワイヤレスマイクを使う時は お尻の部分を これに取り替えるみたい。 長くなるから持ちやすいと言う人もいたり いなかったり・・。

こんな風に お尻の部分を抜き差しして ワイヤレスマイクなんて 使わないと言う人は  本体のみの購入でいいかも。  何度も言いますが この部分を抜く時 本当に硬い。  

⑪   ワイヤレスマイク ウインドスクリーン 

風切り音を抑えてくれるフワフワです。 ユーチューブとかで 時々 内容はとても良いのに 風の音が うるさくて 作品に集中できない時ないですか? その雑音を おさえられるみたいです これで。 

⑫ ワイヤレスマイク トランスミッター 

このマイクの上に さっきの⑪のフワフワをくっ付ける訳です。 軽く押さえながら 少しねじるだけで簡単に着きます。 

⑬ USB 二股充電ケーブル 

本日は 小型ジンバルカメラ DJI Pocket 2を買い 数回使ってみた感想でした。

また 面白い動画を撮れたらアップしていきます。 

それでは また

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行きます。 海外に出ると、日本の常識が非常識なことにも けっこう出会います。 そういうのが面白かったりします。 その度に 日本の情報だけで生きていたら危険だと気づかされます。 日常で感じたことも書きます。