フィモーラ9を1回で使わなくなった理由

みなさんは YouTube観るの好きですか? ボクは大好きです。 どこかの文化や風習の違う土地や表情を観たり、 眠れない夜はASMRを観て 聴いてウットリしたり。   

これまでは観る側だったのですが、 ある日ふと このままだと動画編集されている人々の苦労や喜び、楽しみを知らぬまま死んでいくことになるかも? と思い 2019年の暮れから YouTubeを始めてみました。

すると これが車の運転と同じで けっこう造り手の内面が投射され 面白い。サムネ、BGM、フォント、アングル、どこでカットするか、どの程度 画質にこだわるか、 造りすぎていないか? などなど。 すごい金をかけているのに人が集まらない作品もあれば、 全くお金かけてないのに人が勝手に寄って来る人もいる。(笑)

ずっとスマホのアプリだけだったのですが、 何だかパソコンで編集したほうがいいという様な空気なので 色々 調べた結果 どうやら機械が苦手な人でもFilmora9という動画編集ソフトがイイという評判を知り 使ってみたのですが・・。 本日は その辺を お話したいと思います。 

フィモーラ9でMacBookAirが固まる

もう最初にフィモーラ9を使わなくなった理由を言ってしまいました。(笑) そうなんです。 固まるんです。 ボクの場合MacBookAirでカット→テロップ→効果音→BGM みたいな流れでやってたのですが、最初のカットの段階で使い始めて10分くらいで直ぐに クルクルが回りだして固まりました。 

そこで自分のMacBookAirは いつ買ったものか調べてみたら なんと2011年の9月。 

Apple Storeで買われている場合は Apple HP → サポート →画面下 マイサポート→ マイサポートにサインイン で購入日が分かります。

ボクのMacBookAir もう9年か? そりゃ古いから固まるのかもしれないけど、 facebook、twitterなどのSNSや 楽天、Amazonなどのネットショッピングなど 他は何も不自由なく使えている訳で、 

フィモーラ9を使うと固まるからという理由だけで 新しいMacBookを買う気にもなれず、 再びスマホでの編集に戻るという訳です。

画面上にレインボーのクルクルが回り 固まっては休み 固まっては休み まるで 鬱と出社とを繰り返すかの如く 何とか頑張って 1本 動画を作りました。 それが下の動画です。 10時間くらいかかりましたが、固まらなけりゃ3時間くらいで出来たかも。  気が向いたら どうぞ。 

Filmora9を少し使ってみて感じたこと

固まりつつも 何とか1本 YouTubeビデオを作り終えた今の感想は、 ズバリ固まりさえしなければ シンプルで使いやすい ボクみたいな機械音痴でもオシャレなビデオが作れる動画編集ソフトだということです。 

ただ3つだけ 気になったところがありました。 

1つ目は
動画をカットしたあとに そのカットした部分に空白ができること。 これを勝手に詰めてくれればな と思いました。

2つ目は 
人の顔を認識して勝手にモザイクをかけてくれる機能があるのですが、 これが顔ではなく木など 別のものに反応したりします。 なので この機能は使えませんでした。 もっと楽に 例えばスマホアプリperfect videoのように簡単に 指でなぞってモザイクがかけられる様になればな と思います。

3つ目は 
最初から入っている日本語のフォントが少なすぎるということ。 でも この問題はフィモーラの公式サイトから無料で30種類くらいダウンロードできます。 それなら最初から ダウンロードしなくても使えるようにしておいてくれればいいのにと思ったりもします。 

フィモーラの公式サイトから日本語フォントを無料でダウンロードする方法は こちらの人がYouTubeで解りやすく説明してくださっています。

結局パソコンとスマホ どっちがいいの・・?

そもそもボクがパソコンで編集してみようと思った きっかけは スマホだと どうしても近い距離を見続けての作業になるんです。 これだと目が悪くなるし 疲れると思ったからです。 

ですが パソコンであんなに固まるくらいならば スマホの方がずっと楽だという理由で またスマホでの編集に戻りつつありますが。 

フィモーラ9を使ってみて スマホ編集と何が違うかと聴かれたら 正直 あんまり直ぐに思いつかないのです。 ボクみたいにiPhone8で撮影しただけの映像を切り貼りするだけの そんなに画像にこだわりのない人間にとっては パソコンの方が画面が大きいから作業しやすく、キーボードも大きいから文字が打ち込みやすいくらいしか思いつかないのです。 

そのくらい最近のスマホのアプリは もう ほとんどパソコンでの編集と変わりないと思います。 こだわりが強い人でなければ。 何より お風呂でも、ベッドの上などでも気軽にサクサクと編集できるのがいい。 

あなたは どっち派ですか・・? もう これは好みの問題かも。 もしパソコンで編集してみたいと思うのあれば Filmora9 はとてもシンプルでオススメだと思います。 ボクも固まらなかったら使い続けているでしょう。(笑)

今 使っているスマホの動画編集アプリ

スマホのアプリも色々あって迷いますよね。 ボクも最初 何を使ってイイのやらサッパリ分からず 色々調べた結果 1番最初に使ったのはPerfect Video というアプリでした。 このアプリは指でなぞって人の顔を追いモザイクをかけられるのが素晴らしい。 でもフォントの種類が少なかった気がします。 

そして またネットで色々調べていたら 次に目に入ってきたのが InShot というアプリ このアプリは 最初から入っているフリーで使えるオシャレな曲も豊富で 写真の加工もできます。 でも 1つめにお伝えしたアプリ パーフェクト ビデオのように指でなぞってモザイクをかけることはできない。 

このように アッチには あの機能があるのに、コッチには この機能が無いという感じのことが起こります。 ですので 途中までは①のアプリで編集し、 一旦 動画保存して、 続きは②のアプリで  みたいに使っています。 欲しい機能が みんな1つのアプリに集まっていれば こんなことしなくてもイイのに・・(笑)

そんなことを通過して 今 ほとんどメインで使っているのはVLLOというスマホアプリです。 これは簡単に言うと1つ目に紹介したアプリと2つ目に紹介したアプリを1つにオシャレにまとめた感じで 気に入ってます。 

ちなみにサムネイル作りには Phonto というスマホアプリを使っています。 よほど こだわりがない限り このアプリで ほとんどのサムネイルは作れると思います。  

車でも高級車が必要という人もいれば軽自動車で十分という人がいるみたいに、アプリは使ってみないとわかんないし、 その人との相性もあるから なんとも言えないのですが、 カット→文字入れ→BGM 効果音入れ→ステッカー(カワイイ絵)入れ→ みたいな基本的な機能は どこのアプリも同じです。

60kmしかスピードを出さない人が フェラーリ買っても あんまり意味がない・・。みたいに ご自分の こだわり具合と ソフトやアプリの価格を総合的に考えて あなたに合った編集ソフトやアプリが見つかりますように。 

まとめ

10分の動画に1年かけることも、0秒(生配信)で伝えることも出来てしまう。 0秒に近いほど脚色は少ない。 ボクは今 10分以内の動画編集でも まだ7〜8時間かかっています。 慣れていないし、こだわりや欲があるからでしょう。  

しかし、 時間をかけて こだわり過ぎると 素晴らしい映像は出来たものの 気がつけば 知らぬ間に目の前の人との会話は減り、自分の目で自然を眺める時間も減り・・。 それでは 何の為に生きているのか分からない。 

それは ボクには無理です。 

次々と 登場する新しい機材や機能を 言われるがまま追いかけるのではなく。 自分に必要な機能や機材のみに絞り ある程度のクオリティーで線を引き 自分の合格点とする。 そのほうが総合的に診て 豊かな人生になるのではないでしょうか? 

半年くらい動画編集をやってみた 今のボクの正直な気持ちです。 

本日は どうしてフィモーラ9を ただちに使わなくなったのか? をお伝えしました。

それでは また

エックスサーバー

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。