台北のホテルのような マッサージ店 千里行 

あなたはマッサージ 好きですか? 僕は大好きです。 マッサージは どこに旅しても 楽しみなことの1つです。 安くて評判のいいお店だと思って行っても たまたま その人が未熟なマッサージ師だったり、枕カバーが不潔だったり、 無愛想だったりすると、 逆に疲れてしまいます。

たまには 少しお値段が他の店よりも高くなりますが、清潔で雰囲気が良く 安心できる お店はいかがでしょうか?   マッサージだけに限らず、旅先ではケチらない方が結果的に 心身共にリフレッシュする場合が多い気がします。 数千円の節約なら また旅の前後にすれば良い。僕はそういう考えです。

今回は 台北で見つけた ホテルのようなマッサージ店を お伝えしたいと思います。

台北で24時間 安心してマッサージを受けたくなった時、気が向いたら行ってみてください。



台北のマッサージ店  千里行 行き方 アクセス

場所は台北の中山です。 MRT松江南京駅 1番出口から まっすぐ220m 徒歩3分です。

入り口は こんな感じです。

千里行

24時間営業
T E L   02 2531 5880
住所  台北市 中山區南京東路二段62號
3人以上のご利用で無料送迎サービス
アクセス MRT松江南京駅 1番出口から まっすぐ220m 徒歩3分
カード Visa、Master、JCB 使用可
現金  台湾ドル、日本円、アメリカドル 使用可
ホームページ  http://www.1000m.com.tw/index.php



千里行 マッサージ メニュー

  • 足裏マッサージ40分  660元 / 60分 990元
  • 全身指圧マッサージ60分  1100元 / 90分 1650元 / 120分 2200元
  • 全身アロマオイルマッサージ90分  1800元 / 120分 2400元
  • 足裏マッサージ+全身指圧マッサージ40+60分  1650元 / 40+90分 2200元
  • 足裏マッサージ+全身アロマオイルマッサージ40+60分  1750元 / 40+90分 2350元
  • 足湯+肩首マッサージ  10分 220元
  • カッピング/グアサー(かっさ)  (各) 550元
  • 爪きり/足の角質取り  (各) 550元
  • オーガニックアロマオイル 30ml  (1瓶) 300元

2019年9月時点の料金

3人以上のご利用で無料送迎サービス

出典  http://www.1000m.com.tw/index.php



まずは 足裏マッサージから

僕は台湾で数日間 滞在して 日本に帰る日、 空港へ向かう前にスーツケースを持ったまま 予約なしで いきなり行ってみました。 もし満員なら 少し待つか、 今回は諦めて空港でのんびりしようと思っていました。

しかし、 予約していなくても直ぐに マッサージして頂けることになりました。 スーツケースは受付で預かってくれます。

店の外からでは わからないですが、中に入ると これまでに行ったマッサージ店と違いホテルの様な空間が素敵です。 受付の人も、マッサージ師さんたちも 男女共に美しい人が多いです。 店内の壁には誰だかわかりませんが有名人のサインが たくさん。

僕は台北最終日だし 人気の 足裏マッサージ+全身指圧マッサージ 40+90分 2200元(約7600円) にしてみました。

更衣室で着替えたら カワイイ バッグに荷物を入れて席まで待っていけます。 足裏マッサージからスタートです。  階段もホテルの様で素晴らしい。 館内のインテリアは全体的にセンスがいいです。

 

客を退屈させないように 雑誌やドリンクコーナーもあります。  お好きな雑誌や飲み物をどうぞ。 館内はWi-Fiも無料です。

 

この雑誌の棚の向かいが足裏マッサージを していただく場所です。  それぞれの椅子の正面にはテレビがありますので 観たいチャンネルをどうぞ。 隣の人が観ているテレビが気にならないような不思議なシステムになっていました。 どうなっているんだろう。

椅子に座ると お茶が出てきます。 暑がりの僕は このお茶が冷たかったらなあ。と時々 思うのですが、きちんとしたスパやマッサージ店では どこの国でも まず暑いお茶が出てきます。 おそらく東洋医学では腸内を冷やすのは 血流が悪くなり万病の元だと信じられているからだと思います。

だから女優やモデルさんは 普段 氷を入れた飲み物を飲まず、朝起きたら まず白湯を飲まれる人が多いのでしょうか。 僕も最近は なるべく朝はコップ1杯の白湯を飲み、 氷の入った飲み物を減らす方向へ移動中です。

担当してくれたマッサージ師さんは30代半ばくらいの男性。 少し日本語が話せる人でした。 『こないだ日本へ行きました。 何もかも値段が驚くほど高かったけど、 何を食べても美味しいし、楽しかったです。また行きたい。』と言ってくれました。

マッサージが始まると直ぐに 腕が良いと感じました。 理由は何も言わなくとも 痛くも こそぐったくもないからです。 僕がマッサージ師を観る時の判断基準にしていることの1つです。 そのことは下に書いておきました。 こういう少し他店よりも値段が高いお店の場合は ある程度 経験のある人しか採用していないんだと思います。

指圧の強さ加減は 最初に少し聴かれただけで その後は 特に何も言わなくても ちょうど良い力加減でした。 会話も 途中でちょこちょこっとする程度です。 マッサージ師さんが 他の人と世間話が始まるなんてことも 一切ありませんでした。

このマッサージ師さんに 僕が『数日前 淡水(MRTで行ける 台湾の有名な港町)で たまたま入ったマッサージ店は痛くて酷かった』と言ったら 笑っていました。  激安店の場合は 下手すれば マッサージ店で働きだしたばかりの人が担当になる場合もあったりします。 全てのマッサージ師さんが 悪いわけではないので 難しいですよね。

この観光地 淡水のマッサージ師さんは やたら強く押す人で しかも ほとんどツボから外れていました。 僕が帰る時は まだ お会計を済ませていないのに 店内の空いている足マッサージ用の席に座りスマホでゲームを初めていました。 なんだか悲しくなりましたが、 今日は たまたま こういう日だっただけの話だと 受け入れることにしました。

そういう事を これまで何度も経験し  少々 値段が高くても信用できるマッサージ店のほうが 結果的に心身共に 楽になるという考えに至った訳です。

 

足裏のマッサージの次は 個室で全身指圧マッサージ

この足裏マッサージをする場所とは40分でお別れです。 先に言うと、少し意地悪な気もしますがiPhoneのストップウォッチで時間を計ってみたのですが 全てのマッサージが終了するまで1分たりとも 時間は誤魔化しはなかったです。 館内の移動中は もちろん時間に入っていませんでした。

全身マッサージの前には トイレを忘れずに

全身指圧マッサージを受ける個室は こんな感じです。  ここにもテレビが。 癒されに非日常を味わいに来ているのだから 僕なんかはテレビ無いほうがスッキリしていいのですが。 個室ごとに空調の温度設定が出来るのは 素晴らしい。

全身マッサージも 足裏の時と同様に 最初 1回か2回 力の加減と空調の温度の加減を聴かれただけで その後は 時に何も言わなくても ちょうどいい指圧と室温でした。 会話は 途中で ちょこっとするくらい。 何にも喋らないのも変だし、 ずっと話しかけられるのも落ち着かない。 ちょうどいい感じの 途中で ちょこっと会話する感じです。  全てにおいて腕がいい。

あっという間に全身指圧マッサージ90分も終了。 大満足です。 服を着替えたら 1階で ゆっくりと暖かいお茶を頂き お金を支払って終了です。

僕は また台北に行くことがあれば このマッサージ店 千里行をリピートすると思います。

 

僕が勝手に思う 悪いマッサージ店にありがちなこと

  • 強く押す
  • ゴキゴキ鳴らす
  • こそぐったい
  • 時間を微妙に ごまかす
  • 空調が効きすぎ、または効かなすぎ
  • チップを要求
  • 不衛生
  • 無愛想

腕のいい人にマッサージをして頂くと 痛くも こそぐったくもないんです。 これ 意外と気づいていない人が マッサージする側 される側  共に まだまだいるんです。  昔 マッサージ店で働いていた人に聴いたことがあるのですが、 『上の人から わざと強く押せ』と当時よく言われたと言っていました。

その元マッサージ師さんは  さらに こう言っていました。『揉み返しを起こし また来店させるためです。 酷いですよね。 あの痛い瞬間 たくさんの細い血管や筋肉は損傷しているんですよ。 だから痛い店には 絶対に行かないで』と教えてくれました。 みなさんも参考にしてみてください。

なんだか どの業界も その中にいる時ほど 本当のことは言えないって そもそも変ですよね。

ちなみに バンコクやバリ島、ベトナム、 もちろん日本にも、まだまだ強く押したり、ゴキゴキする店が けっこうありますから ご注意を。 そういうマッサージ師に遭遇してしまった時は我慢などせずに ハッキリNO と言ってください。

 



 

 

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。