繰り返し使えるヘンプコーヒーフィルターで ゴミの出ないシンプルな暮らし

コーヒー 好きですか? 

あなたはコーヒー好きですか? 僕は 好きです。 食事の後とか 仕事中とか 朝起きたときとか 美味しいですよね。 僕は むかし あんまりコーヒーを飲まなかったですが、姉の旦那さんがコーヒー好きで と言うよりも コーヒーを入れる自分が好きなのかもしれませんが とにかく よくコーヒーを入れてくれたのです。

豆から挽いて作ってくれるので 要らないとも言えず 無理して飲んでいたら いつの間にか コーヒー好きになっていました。 コーヒーって 少し中毒性ありますよね?  飲みすぎは注意ですね。 でもタバコやめたから  そんな細かい話は どうでもいいか。

タバコをやめる事ができた話は こちら に書きました よろしければどうぞ。

コーヒーを入れる時には当たり前であるかの様に紙のフィルターを使っていたのですが このヘンプ(麻)のコーヒーフィルターを知ってからは 紙のコーヒーフィルターを1度も買うことなくヘンプコーヒーフィルターを使い続けています。

そこで 今回は そのヘンプコーヒーフィルターについて書いてみようと思います。


ヘンプコーヒーフィルター メリット 

① 紙のフィルターを一切 買わなくてよくなる

当たり前ですが ヘンプのコーヒーフィルターを使い始めてからは1度も紙のコーヒーフィルターを買っていません。 なんで早く気づかなかったんだろう? 今まで何やっていたんだろう?って感じです。

② ゴミが減り 環境にやさしい 

今までは コーヒーを入れる度に 紙のコーヒーフィルターのゴミが出た訳ですが、 それが一切なくなります。 あなたも紙のコーヒーフィルターを 卒業しませんか?

③ 人体に悪影響を与えない

紙のフィルターは 作られる時に 漂白剤を使っていますよね。 昔は塩素系の漂白剤を使っていたそうです。 今は酸素系の漂白剤を使っているから人体に影響ないと言われる人もいますが、 僕は あんまり信用していません。 化学物質の心配をしなくてよい。

④ 繰り返し何度も使える

今 使っている ヘンプコーヒーフィルターは もう3〜4年? もっとかな?  使っていますが なんの問題もなく使えております。 使用頻度は毎日 使う時もあれば 1週間くらい使わない時もあるので 2〜3日に1回といったところでしょうか?

よく繊維の細かい穴から コーヒーの粉が漏れないの?と質問されるのですが、 今まで1度も漏れたこと無いです。

⑤ 水で 簡単にコーヒーの粉を洗い流せるので 

これは ほんとうに楽です。 僕なんか いつも15秒くらいで終了です。

⑥ コーヒー豆の油脂を ろ過しすぎないため 香りやコクが 紙のフィルターよりも 美味しくなる。

ヘンプコーヒーフィルター デメリット

デメリットも何か あるかな?と思い 書き始めてみたものの 何も思いつかない。
最初  少しお金が必要なことくらいでしょうか?
お金が必要と言っても 1080〜1728円の話です。
それで 数年 使えるなら 安いと思いませんか?

Sサイズ  1080円(1~2杯用)
Mサイズ 1404円(3~4杯用)
Lサイズ  1728円(4~6杯用)

僕は ここ 三宅商店 で買いました。 コーヒーフィルターの他にも環境に優しい商品をたくさん取り扱っているお店です。 よかったら 他の商品も ご覧ください。 別に僕は このお店の宣伝マンでも何でもなく ただ 環境や人体に 良い商品を たくさん取り扱っているから知らせたいだけです。

1杯のコーヒーに食物繊維が4g♪【カフェサプリ 食物せんい】

ヘンプコーヒーフィルター 使い方 

ヘンプのコーヒーフィルターの使い方は 簡単です。 紙のフィルターの時と同じ様に 使うだけです。 ただ しまう時が 違います。 今までは紙のフィルターだったから 捨てていた訳ですが、ヘンプコーヒーフィルターは何度も繰り返し使えますので 保管する必要があります。

乾いた状態でドリップしますと ヘンプの布の匂いが 少し出ます。 僕は1度 やってみたのですが やっぱり あんまり美味しくなかったです。  ですので 水に浸して保管する必要があります。 こうすることで 匂いは不思議と出なくなります。

僕の場合は 下の写真のようにタッパーに入れて 冷蔵庫で保管しています。 水は 適度に取り替えないと ぬめりが出ますし 不衛生です。

このヘンプコーヒーフィルターはMサイズか Lサイズで  ダッパーに収まりきらない為  折りたたんで使っていますが なんの問題も 起こっていません。 冷蔵庫の中のスペースも取りませんし おすすめです。

このヘンプコーヒーフィルターを数年前に買った時は この様に 茶色いものだったのですが、 今 三宅商店 さんで売られているものは 白っぽい色です。 この茶色いものは 今は 売られていないようです。 ですが 使い方は同じですので 安心して 購入していただいて大丈夫です。

下の写真 このフィルターでSサイズです。  1回か2回 使ったのですが、 僕は1度に たくさんコーヒーを作るので  後からMサイズか Lサイズを購入しました。 そのため このSサイズは今は まったく使っていません。

サイズ感を知らせたくて写真をアップしただけです。 また何かの機会に使いたいと思います。 天日に干したあと ビニール袋に入れて 押入れで数年間 保管していたのですが 何の問題も起こっていません。  強い。

ヘンプコーヒーフィルターを 上から見ると こんな感じです。 こうして 観ると やはり使ったことがない人が『コーヒーの粉 漏れないの?』って言うのも 理解できます。

なんか 布の網目から漏れそうな気がしますよね。 でも安心ください。 漏れません。 僕は今まで数年間 使っていますが 1度も 漏れたことがありません。

まとめ

コーヒーを入れる方法1つ取って考えてみても 色んな方法 色んな素材がありますね。 他にも これまで毎日 生活の中で当たり前のようにやってきた中にも もっと別の 身体にも環境にも良い方法があるかもしれません。

そんなことを考えながら生きると 面白い。 そういう時に 1番邪魔なのは これまで当たり前のようにやってきたから間違いないという固定観念。

キッチンで 化学物質の含まれていない良い素材に囲まれていると 自ずと 良い空気になり 良い気分になり 勝手に良いことが舞い込んでくる。 意外と 世の中 そんなもの。

そう信じ きょうもコーヒーを入れております。

では また。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。