タイ クラビから ベトナム サイゴンへ from Krabi to Saigon

2019  12月

前回のつづきです。 

本日は クラビのアオナンから ベトナムのサイゴン(ホーチミン市)へ向かいます。  10:20AMの飛行機に乗るために 空港へ向かいます。 

ところで これ持ってますか?

空港に向かう前 このスーツケースの重さを測る はかりが1つあるだけで だいぶ安心できますよ。 ボクは この製品を使っています。 50kgまで測れて98gです。 まだ持っていない人は 1つは あってもイイかも。 

それでは 今日も 愉しく のんびり マイペースで いってみましょう。 

早朝 クラビ国際空港へ Grabで向かう

iPhoneのアプリで Grabを呼ぶと 7〜8分で迎えに来てくてました。 どうして クラビ では 普通車を呼んだつもりなのに 大きなワゴン車が来るのか・・? (笑)  最終日も ボクひとりで 8人くらい乗れそうな車でした。

運転手さんは 気味が悪いくらい良い人でした。  アプリで評価するシステムになってから 世界各地で 急に運転手の態度が激変したと感じるのはボクだけでしょうか・・?  Grabに慣れてきた今日この頃 この監視システムも どうかな?と思う様になってきた・・。 便利だけど・・。 便利は怖い。 

運転手さんとの会話

ボク『今から バンコクへ』と

運転手さん『バンコクは人が多いよね〜 (笑) また自然が多いクラビ にいつでも来てね〜』

この時点で ボクは また失敗しているんです・・。 自分の中ではバンコクでトランジットして その後 サイゴンへ行くという風に伝えたつもりで自己完結してしまっているのです。(笑) 

しかも、 運転手さんは『domestic fight ? (国内線?)』って聴いてくれているのに、 ボクは『OK OK』 って答えてしまっていたのです。 そりゃ国内線へ行きますよね。 運転手さんは何も悪くない。 しかもボクは この失敗 初めてじゃないんです。   

つまり 何が言いたいかと言うと、 こんな人間でも ひとり旅できます。 あなたも 旅に出てみてください。 ひょっとしたら あなたが当たり前だと思っている日本の常識は 海外では非常識かもしれません。 

クラビ 空港の国際線に到着 

やや遠回りしましたが 国際線に到着しました。 やはり空港には早めに来るといいですね。 何か あった時でも 心にゆとりができます。 ボクは 国際線の場合は いつも3時間前には空港に到着するようにしています。 

今回は 生活費の支払いで貯まったマイルでのビジネスクラスでの旅なので ラウンジを利用します。  なんとクラビ 空港のラウンジに 客はボクひとり。 

眩しいのが苦手なので 上の写真 左の 薄暗い場所に座りました。
寝ない様に注意しないと・・。 

そろそろ 出発です。  ボクは機内で 1回でもトイレに行く回数を減らしたいので 搭乗前に よくトイレに行きます。

バンコク行きの飛行機へ 搭乗

暑がりのボクには ゲート前が 暑かったので エアコンの風が出て来る どん前の椅子に座っていました。 

このタイ航空の安全ビデオは かなりセンスがイイと思う。

焼きそば おいしい。  
いつも思うのですが、 こんなに食器いるのかしら?

あっという間に バンコクに到着。 

バンコク到着 ラウンジで過ごすトランジット

これからバンコクで 5:35PM発 ベトナム ホーチミン行きの飛行機の搭乗時刻まで 5時間くらい待ちたいと思います。 

1つ目のラウンジは ココ。 料理の品も多く 飛行機を見ながら 色んなお酒が飲めます。 しかし、 場所によって温度差があります。 窓際は暑いです。 

2つ目のラウンジは ココです。 広くはないけど なんか落ち着きます。 しかし、トイレが無かった気がします。  隣でロシア語で楽しそうに話す女性たち 何杯もお酒を召し上がっているけど ちっとも乱れない。 いい酒です。   粋

グリーンカレーが美味しかったです。 

このあと もう1つ ラウンジに行き くつろいでいたら 搭乗時刻は やってきました。 5時間なんて あっという間です。  最初のラウンジはタイ航空のビジネスクラスの航空券で入れたラウンジですが、 あとの2つのラウンジはプライオリティ・パスで入りました。 

方向音痴ですし、 記憶力が悪いので ラウンジ名や場所は憶えていません。(笑) いつもプライオリティ・パスのアプリに誘導されるがままに 現在地から なるべく近そうなラウンジに行くだけです。 

世界中の空港のラウンジを使えるプライオリティ・パスの入り方などは こちら に書きました。 よろしければ どうぞ。 

ぼちぼち ゲートに向かいます。  いつも思うのですが、バンコクの空港の中にいると まるでカマキリの卵の中にいるよう。 

飛行機に乗り込み ベトナムのサイゴン(ホーチミン市)へ

飲み物と さりげなく置かれた花が素敵。 

足元も広々です。  これは もっと乗っていたいと思うタイプの機体です。 いつもスカタン政治家は こういう座席で当たり前のように移動しているのか? だから どんどん庶民の気持ちから遠ざかるのか? とか考えてしまう。  

機内食もおいしい。 意外とシンプルな目玉焼きが美味しかったりします。

シャンパンも おいしい。 

7:05PM ベトナム サイゴン(ホーチミン市)に着陸 

Booking com の無料送迎を申し込んでいたら、サイゴンに飛行機が到着して荷物を受け取った後くらいに再びメッセージが届きました。  ボクは そこに書かれてあるタクシー会社へ行くことに。 

すごく解りやすい説明ですし、タクシー会社も数社しかありませんので 簡単に見つけられると思います。 あとはタクシー会社に宿泊手配書を見せて 案内されたタクシーに乗り込み 宿に到着したら降りるだけです。 ボクの場合は 宿泊手配書を見せる前に タクシー会社の方から ボクの名前を呼んでくださったので すぐに ココだと分かりました。   ありがとう。  

では予約してあるアパートメントまで送迎して頂きましょう。 基本的にチップは不要ですが、 素敵な運転手ならば ボクは 少しチップをあげてもイイと個人的には思ったりします。 たくさん あげる必要はない。 

タクシーの窓からランドマーク81が見えてきました。

もうすぐ到着です。 

YouTubeはこちら。  気が向いたら動画も どうぞ。 

本日は この辺で 

エックスサーバー

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。