バリ島 ウブド観光 歩いて市場やレストランへ

オゴオゴとニュピを経験したくてやってきたインドネシアのバリ島 ウブドには美味しい店や 素敵な観光スポットも たくさんあります。  オゴオゴやニュピについてはこちら  に書きました。 よかったら読んでください。

それでは 今回は ウブドの素晴らしいところについてお伝えしたいと思います。

ウブドって バリ島の どこ?

ウブドは空港から37kmくらい離れたところにある空気が美味しいアートの町です。 どこか伊勢神宮のキリっとした空気にも似ている気がします。  タクシーだと空港から1時間くらいで到着します。  料金は35万Rp(約2700円)でした。

空港に到着したら 受付カウンターでタクシーを申し込んだり、 Grabのアプリを使って 自分で車を手配してウブドへ。  声をかけてくるタクシー運転手は相手にせず 自分でカウンターへ行って 行き先を言い 値段を確認して 納得できたら手配します。  あとでトラブルになると 時間とお金がもったいないので ややこしそうなタクシーには乗らないこと。

さいきんはGrabも 空港へ呼べるようになったそうなのですが、今回は空港で手配したタクシーにしました。  次回は Grabもいいなあ と思っています。



ウブドの観光地 

モンキーフォレスト
僕の泊まったホテルから歩いて行けました。

そんなに大きくない町なので ほとんどの場所へ歩いて行くことができますが 汗をかいたり 日焼けしたり 靴擦れ 体力などが心配な人はタクシーに乗った方がいいと思います。 時間の節約にもなりますし。  バリはタクシー安いし。

  • 場所   モンキーフォレスト
  • 開館料  80,000ルピア(約600円)
  • 営業時間 9:00 〜 18:00
  • 休館日  ニュピ

中に入ると 200匹以上の猿たちがいます。  表情が面白い。 人間にも 色んなのがいますが、猿も同じで色んなのがいます。 植物もすごい。 見たことのない大きな木や根っこがたくさんで空気がおいしい。 ひとり旅の人も たくさん来ています。

のんびり観て1時間半くらい いたでしょうか。 とても澄んだ空気をたくさん吸うことができました。 帰り道 モンキーフォレストを出てすぐの道を歩いていると 僕の前を歩いていた女性が買い物したばかりの物をコンビニ袋ごと奪われそうになっていました。

下の写真の 坂道を下ったところにコンビニがありますよね。 女性が猿に持ち物を奪われそうになっていたのは その辺りです。   モンキーフォレストは その すぐ先。 屋根の上を 移動している猿もたくさん観ました。

女性は傘で防御すると 猿は去っていきました。 傘を持っていなかったら どうなっていたのだろう? モンキーフォレストの近くでは 町でも猿が出没します。 持ち物には注意を。

Uma Pakel Bali Swing

宿泊したホテルからタクシーで20分ほど 10kmくらい離れた場所にあるUma Pakel Bali Swing 。 ここは自然の中でバリのコーヒーの試飲や ブランコに乗ったりできるところ。ジャコウネコにも会えますよ。  下の写真はジャコウネコです。

ジャコウネコのコーヒーを1杯500円で頼むと   一緒にバニラ、ココナッツ、ジンジャー、レモングラス、マンゴスチン、バリコーヒーなど 色んな飲み物が試飲できるのですが 僕のように全部飲むと お腹がチャポンチャポンになるので注意してください。  試飲だから この半分以下の量でいい気がするのですが。

ウブドの自然の中でインスタ映えのブランコはいかがですか? 料金は1回ブランコに乗るのに20万ルピア(約1500円)。 僕は見学だけでお腹いっぱいです。  でも日本の観光地の人力車みたいに ちょっと高く感じても 乗ってみたら 予想以上に爽快かもしれませんね。 インスタ映えしたい人は是非。

Rice Terrace Tegalalang

Uma Pakel Bali Swingから 10分くらい車で移動するとテガララン ライステラス(rice terrace tegalalang)です。 棚田を眺めながら食事や飲み物を楽しめるお店がたくさんありますので 好みのお店が見つかると思います。 料金は どこも観光地価格です。 僕は タクシー運転手と待ち合わせ時刻を決めた後 この辺りを ぶらぶら散歩することにしました。

この場所 まさに ザ・ウブド って感じです。 絵葉書などでよく見る あの棚田の風景です。

こんな お座敷で棚田を眺めながら 飲食ができるお店もあります。

棚田の向こうの方まで 歩いている人たちもいましたが 僕は すぐに汗だくになるので こちら側から眺めるだけにしておきました。 あっち側にもブランコ有ります。 アルプスの少女ハイジ のオープニングのような気分を味わいたい方は是非。

ひょっとして棚田の前に 観光客向け料金のカフェやレストランが横並びしていて 田んぼを眺めて食事したり ビール飲んだり 少し田んぼを歩いたり ブランコ乗ったりするだけかな? っと思って行ってみたら その通りだったけど やっぱり行ってみないと分からないので 行って良かったです。 何でも経験。   もう少し 棚田は雄大かと思っていましたが。

ウブドの朝市

市場を観れば その土地がわかる。 早起きして 市場に行ってみてください。 野菜、スパイス、肉、果物、魚、お菓子、花、お供え物、サンダル、かばん、絵、弁当、 なんでもあり 活気がすごい。 人が多いのでスリには注意を。 僕の泊まったホテルからは徒歩13分くらいでしたので ちょうどいい朝の散歩コースでした。 ウブド王宮の手前のわかりやすい場所。 行けば いっぱい車が停まって 人が集まっているので すぐわかります。

朝市が始まるのは5:00頃からです。 僕が行ったのは6:30頃でしたが もうスゴイ人でした。
朝市は10:00頃には終了して、 次はバリ雑貨などを販売する市場へと変身します。 犬たちも おこぼれが欲しいのでしょうか? おとなしく待っています。

唐辛子がデカイ!!

バリ島の色んなところで目にする お供え物(ナチャン)も売られています。 バリ・ヒンドゥーはあらゆる所に神さまがいると考えるので 色んな所にナチャンを置きます。  ふつうナチャンは家庭で作るので ナチャンに使うお花もたくさん売られています。

地面に置くのは悪い霊へ。 地面より上は神様へ。

クリクラ

ウブドの おすすめレストランや食べ歩き

和るん あんかさ

和食が恋しくなったら ここです。 モンキーフォレスト通りから 20m入った所。 何でも あります。2階席もあります。   安心できる日本の味です。  このモンキーフォレスト通りから入る所の目印は道の向かいのコンビニです。 サークルKだったかな?

細い道を入っていくと ちゃんと ありますから 安心してください。

僕の おすすめは あご出汁ラーメン


ジェラート屋さん

ウブドの町には あっちにも こっちにもジャラート屋さんが たくさん 僕のおすすめは 人気が少なくて落ち着く ゴータマ通り。 値段は1盛り 25,000ルピア 2盛り 40,000ルピアくらい。

Xserver

朝市や道で買う お弁当

ウブドの朝市ではお弁当が買えます。 左が朝市で買った弁当2万ルピア。 右がホテルの前の道で売っていた弁当5000ルピア。 朝市は何で4倍の値段なのだろう?   どっちも美味しく  味は そんなに変わらない。 市場で買ったほうが量は多い。

泊まっていたホテルの前の道にスーパーカブでやって来て売っていた人は 5000ルピアアと大きな値札を出していた。 それに対して 朝市は値札を出していなかったので もし次 買うなら値札を出してくれていた方で 買いたいです。

写真 あんまり 美味しそうに撮れてないですが 実際は もっと美しいです。

左 市場で買った弁当 2万ルピア  右 ホテルの前の道で買った弁当 5000ルピア

Surya Terrace

テガララン ライステラスにある 田んぼを眺めながら おいしい食事ができるレストラン。 僕は この店で1番大きなハンバーガーを注文しました。 田んぼを歩いて 写真を撮るのもいいけど、僕は あんまり頑張らず こういう場所から ビール飲みながら 景色を眺めているほうが好き。 棚田を見下ろす場所には この様な お店は たくさんありますので あなたの好みのお店 見つかると思います。 料金は どこも観光地価格です。(景色代)

かわいいBURGER SHOP
泊まっていたホテルの前の通りに かわいい小さなハンバーガー屋さんを見つけたのでテイクアウトしてみました。 注文してから 奥の厨房でジュージューと焼いてくれます。  待っている間 壁に飾られた美味しそうにハンバーガーを頬張るパネルを眺めていました。 1個1000円くらいしましたがボリュームがあって本格的な味でした。   

トリバゴ

ウブドで見つけた 素敵な小道

ウブドの町を歩いていると 素敵な細い道がたくさん あります。
こんな細い道でも 向こうから バイクがビューンって走ってきます。

ホテルの前の道を ビスマ通りをラヤ ウブド通りに向かって 散歩している時に見つけた光景。
小さな川の前にも お供え物(ナチャン)  地面に置かれているから悪い霊に供えたものですね。

ホテルの前の道を ビスマ通りをラヤ ウブド通りに向かって 散歩している時に見つけた光景。 細い道で向こうには道を全て塞ぐほどのトラック こっちはバイク3台。 これだけでも なんか絵になる。 このあと どうなったのだろう?

日差しが強くなってくる前に このあたりを散歩するのも おすすめです。

ウブドには Google Mapでは途切れているのに 実際 行ってみると 地元の人たちが普通に通っていて 道が繋がっていたりして『あっ この通りに繋がっていたのか!』というような発見もあったりして楽しい 面白い。

観光客がたくさんいるような 大きな通りから 少し外れたところにも発見は たくさんある。  そういうところでは すごく旅慣れていそうな外国人を よく見かける。  車が入れないような細い道の途中に建っている家やホテルを観ると どうやって資材を運んだんだろう? って思ってしまう。

僕は 長時間 歩く時は 絶対に運動靴です。 欧米人のように 気軽にビーチサンダルを履いて どこへでも行きたいのだけれども 靴擦れするんです。 色々 試してみたんですが 何をやってもビーチサンダルは靴擦れするんです。



インドネシアの通貨はルピア(Rp)です 

ゼロが多いので 最初はすこしビックリしますが、だいたいの日本円に換算する簡単な計算方法があるのでお教えします。 それは末尾のゼロを2つ取ることです。  例えば50000ルピアならば500円。 100000ルピアならば1000円みたいな感じです。 簡単ですよね。 あくまで だいたいの数字です。 旅の時は だいたいくらいが肩がこらずに丁度いい。

しかし、 この記事を書いている2019年7月のレートで換算すると実際には50000ルピアは384円 かなり大雑把で すいません。

正確に換算したい場合は このiPhoneの換算アプリ Currency は どこの国へ行っても たいへん便利ですよ。

そして 町中で よく見かける 値札の末尾のk は1000(ゼロ3つ)っていう意味です。 例えば あなたが欲しい商品に50k っていう値札がついていたら 50000ルピアっていうことです。

まとめ 

海よりも森が好きで 騒がしいのが苦手な人は バリ島のクタやスミニャックよりも ウブドが落ち着くと思います。  夜になると 店も都会よりは早く閉まるし 星もキレイ。 治安もいい。 ゆっくり時間が流れます。

あっちでも こっちでも写真を撮りたいと いつの間にか欲張り過ぎて 結局疲れて 何のために旅しているのかわからなくなっては 意味がない。  そうじゃなくてバルコニーで風の音や 水の音 鳥たちの声を聴き のんびりするのが おすすめです。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。