紀文 糖質0g麺 ダイエット 簡単レシピ

ダイエット好きですか? そんな人 いるのでしょうか?(笑)

同じものを食べて 同じ生活をしていても 太る人と 太らない人がいるのは なぜなのか?  年齢と共に基礎代謝(エンジンで言うとアイドリング状態)が下がり、 それでも食欲は昔の記憶のままで、歳を取っていることも忘れ 若い頃と同じ様に食べていたら10kgくらい あっという間に太る人 あなたの周りに いませんか?

それ ボクです。(笑) 

お酒を やめれば痩せるのは知っているのですが、 ボクの場合 お酒を飲まないと 余計に食べる量が増えるんです。(笑) そういえば この前 ラジオで室井佑月さんが 同じことを言われていました。 

そんな中、『糖質0g麺』という素敵な名前の麺を見つけました。  どうせ その辺にある蒟蒻の臭いのする低糖質の商品と同じで 不味いんだろうと思いつつも、試しに少しだけ買ってみたのですが・・。

と言う訳で本日は その紀文という会社が出している『糖質0g麺』の話です。

はじまり はじまり

紀文 糖質0g麺 4種類

冷蔵は3種類 1袋は180g

味付きの商品は除き 味無しの(冷蔵)は3種類

引用: 紀文HP https://www.kibun.co.jp/brand/toshitsuzerogmen/products/index.html

ササっと水で洗い そのまま食べられます。 

丸麺

平麺

Amazonで平麺と丸麺のセットを買いましたので、まだ細麺は食べたことがありません。 そううち食べてみようと思っております。 

常温は1種類  1袋は150g

引用: 紀文HP https://www.kibun.co.jp/brand/toshitsuzerogmen/products/index.html

ボクは この常温タイプがあることを 最近 知りました。 まだ食べたことがありませんので そのうち食べてみたいと思います。 しかし、 この常温タイプは 冷蔵タイプと違う点が いくつか ありますので 少し お伝えしておきます。

常温タイプと 冷蔵タイプ 大きな違い3つ

量  冷蔵180g 常温 150g

値段 冷蔵187円/個  常温216円/個    

賞味期限 冷蔵21日間   常温180日間

冷蔵16パック、常温18パックで購入した場合で計算。(四捨五入)

簡単レシピ 

最後に、ボクが よく作る糖質0g麺のレシピの中から 簡単なのを4つ ご紹介します。

① 醤油と和えるだけ

作り方

水でササっと洗った お好きなタイプの糖質0g麺を、シンプルに醤油と和えるだけです。 ネギくらいは入れてもいいかも。 パンチが欲しい人は 少しワサピや七味など お好きな調味料を。

めんつゆは 意外と砂糖がたくさん入っており、糖質が多いので かけすぎると せっかく糖質0g麺を買う意味がなくなってしまいますので注意をしてください。

② 明太子と和えるだけ

作り方

水でササっと洗った お好きなタイプの糖質0g麺を、 明太子と和えるだけ、好みでマヨネーズや醤油などを。

③ 卵かけ糖質0g麺 

作り方 

卵かけご飯みたいにするだけです。  少しだけ醤油を垂らして召し上がれ。 

④ 永谷園のお吸い物に入れる

作り方

永谷園の お吸い物・はま吸い に糖質0g麺を入れるだけです。

お吸い物

炭水化物は 0.6gしかありません。

はま吸い

炭水化物は1袋に1.7gしかない。

@tomotabi

紀文の 糖質0g麺 知ってますか? これ他のブー防止麺と明らかに違うよ。コンニャクの臭いもしない。カップヌードルの麺が少しふやけた感じかも。オカラと蒟蒻でここまで本当の麺に近づけた技術は素敵だブー🐽 #糖質0g麺 #糖質0麺  #糖質ゼロ麺 #痩せる

♬ Pretty and fun Marimba song – Azuline

まとめ

これまでボクが食べた この様な糖質ゼロ麺の中では この紀文さんの糖質0g麺は 本当に だんとつ で1番 だと思います。 なんと言うか、カップヌードルの麺に近い感じです。

ボクはセットで販売されていた丸麺と平麺だと きしめんの様な平麺の方が好きです。 でも どれも美味しいです。

美味しいというのは、糖質0g麺としては美味しいという意味です。

そりゃ普通の小麦粉の麺のほうが美味いに決まっています。 時々 何も考えず 直ぐに 『まずい』と文句ばかり言う人がおられるので 一応 言っておきます。  

オカラとコンニャクから出来ているのに蒟蒻の臭いがせず、 本当にたいした技術です。 

水でササっと洗い シンプルに醤油だけかけて食べるのも いいですし、お好きなスープで食べるのもいいですし、焼いても、 鍋のスープに入れても良い。 

色々 アレンジしてみてください。 

たまには こういう商品のお世話になり 健康を意識するのも いいのではないでしょうか。

それでは また。 

おわり

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行きます。 海外に出ると、日本の常識が非常識なことにも けっこう出会います。 そういうのが面白かったりします。 その度に 日本の情報だけで生きていたら危険だと気づかされます。 日常で感じたことも書きます。