タイ旅行 クラビ Pai Plong Beach 船に乗らず歩いて行ける穴場ビーチ

2019年 12月

本日は 歩いて行けてアオナンビーチよりも人が少なくてキレイな穴場のビーチがあると知りましたので そのPai Plong Beach まで歩いてみようと思います。

YouTubeのビデオにもしてみました。

Pai Plong Beach 行き方 場所 

出発前に泊まっている Wake Up Aonang Hotel の屋上へ登って これから歩くコースを眺めてみました。 海に向かって真っ直ぐ 緩やかな下り坂になっています。 この道は海に向かって右へL寺にカーブしています。

このL字カーブのところを海に向かい右へ曲がるのではなく、左へ進みます。 地図で見ると下の様な感じです。

写真の左にポッコリした山がありますよね。 この山の麓あたりまでL字カーブの所から海を右手に カフェやレストラン、マッサージ店を左手に観ながら5分くらい歩いて進んでください。

L字カーブの所から Pai Plong Beachへ行くためのプチ登山道の入り口への間は こんな景色です。  右手がビーチ、 左にお店やホテルが並んでいます。 要するに この先 海の中は歩けないから 山の中の道を歩いて峠を少し越える訳です。  山道の入り口からだと片道 約10分くらいの筋トレです。(笑) ちょっと長く感じる片道10分です。

すると こんな木で出来た橋があります。 ここが入り口です。 ここからは1本道なので迷うこともないでしょう。  少し柔軟体操をして さあ出発です。 普段 運動をあまりしていない人は 少し筋肉痛になるかもしれませんが、まぁ大丈夫でしょう。(笑)

この木の橋の上から 振り返って海を撮ると、 もう砂浜は ここで終わってますよね。 だから この山の中を歩くしかないんです。 海に向かって もう すぐ左がPai Plong Beachなのに。

このあたりが アオナンビーチの終点かな?  ここまで来ると ほとんど人がいません そこで まったりしている人たちを発見。 この人たちかしこい。  片道10分くらい山道を歩くのが嫌な人は こういうビーチの端っこで まったりするのもオススメですね。  次回 真似しようと思います。

この辺りまでは 道がまだ緩やかなので まだ余裕です。 しかし、

このビーチを見納めた辺りから 急な階段になります。 数分で息が切れてきます。

僕はギョサン(漁業関係の人たちが履くサンダル)で行きました。  運動靴を履かないといけないほどの道ではないと思います。 アップダウンは激しいですが。

長く感じる 片道10分くらいの時間です。  この山頂付近は ハァハァと息が切れます。

この急な階段を登れば1番高い所です。 あとは下れば Pai Plong Beachです。

もう少し 頑張って。

峠の1番高い所からの景色は こんな感じ。 この高さまで登って下らないと Pai Plong Beachへは行けない訳です。

峠を越えたら かなり楽になります。 右手に 細長い島が観えてきたら あと3分くらいでPai Plong Beach です。 がんばって

あと少し

この優しい守衛さんの所でサインをすれば 到着です。 あとは自由にビーチで遊べます。

お疲れ様でした。

Pai Plong Beach へ到着 

やっぱり Pai Plong Beach側から観ても ビーチの端っこは大きな岩があり、海で歩けません。 山の中を歩くしかないですね。

ネット情報の通りアオナンビーチよりキレイです。 人もすごく少ない。 かなり静かです。 アオナンビーチは すぐ隣が道路だけど、 こっちは道路がないから車やバイクの音、排気ガスが無い。 ではPai Plong Beachの端っこまで歩いてみましょう。

そう。 ここはセンタラグランドビーチリゾート(Centara Grand Beach Resort)のプライベートビーチなんです。 サインすれば 入れて頂けるのは ありがたいですね。

方向音痴なので 自信はないけど、朝 ココに出かける前にホテルの屋上から眺めた山の 今 反対側ですね。たぶん。 アオナンビーチ周辺からだと ちょうどイイ散歩コースだと思います。  ホテルを出る時から水着で来るのもイイかも。

宿泊者は船で来ることも出来るみたいですね。 浮かぶ桟橋があります。

Pai Plong Beachの1番 端っこまで歩いて来ました。   端から 端まで ゆっくり歩いて5分くらいでしょうか。 ちょうどイイ大きさのビーチです。

すぐ隣はセンタラグランドビーチリゾート(Centara Grand Beach Resort)

Pai Plong Beachの帰り道にマッサージ

また さっきの山道を10分ほど歩き終え ビーチの前をあるいていたらマッサージに誘われたので 山道を歩いた後だし入ってみました。   お姉さん サンタ帽かぶってる。(笑)  サービス業は こういうサービス心 大事だと思う。

このマッサージ小屋の場所はPai Plaog Beachへ行く山道の入り口とアオナンビーチ前のL字カーブの間くらい。 たくさんのマッサージ小屋が並んでいますので よかったらどうぞ。 値引きタイムもあるらしいですよ。

小屋のような所で暑くないのかな? と思ったけど 自然の風が気持ちよく 不思議と暑くなかったです。

気持ちがイイのでヘッドマッサージ1時間300バーツも追加。 途中5〜6回 寝てたかも。  僕がマッサージを受けたのは この14番の小屋だけど このエリアには たくさんマッサージ小屋があるので その時に波長が合った所に入ればいいと思います。

マッサージが終わったあと 小屋の前でフルーツと飲み物のサービスを受けていたら、 女性が近寄ってきて『オプションツアーはいかが?』と言ってきた。  僕が『1番のんびりする島に行くツアーはどれ?』って訊くと、

その女性『それなら このホン島(Hong Island)ツアーがいいよ』 と言うので そのツアーを この場で申し込みました。 パンフレットには2400バーツと書いてあるけど、 なぜか1300バーツにしてくれました。 元々の値段が高い設定のような気もしますが。  あとは当日 現地で入場料300バーツ必要と言われました。

この場所で料金を支払い 宿泊しているホテル名を伝え、領収書を頂いたら あとは当日の朝 自分が泊まっているホテルのロビーで迎えを待つだけです。   道路でよく見かける観光申し込み所みたいなところじゃなくても こんな申し込み方もあるんですね。

地元の女性に教えてもらった美味いレストラン

Pai Plong Beach の帰り道  マッサージ小屋の前で ホン島(Hong Island)のツアーを申し込んだ女性に『美味いタイ料理の店を教えて』と訊いたら 『Massaman』というレストランを教えて頂いた。 

場所は L字カーブのところから 緩やかな坂道を徒歩5分くらい上がった所で 海を背にして左手にあります。

やっぱり美味い。  ビール大瓶も含め これ全部で358バーツ。

店の中は こんな雰囲気。 道路沿いほど  ちょっと暑いかも。

店内から道の方を観ると こんな風景です。  Tatoo屋さんの道を挟んだ向かいですね。

次回は Tiger Cave Temple 1237段の階段かも

では また

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。