199gのドローン DJI Mavic Mini 買ってみました 

ドローンと言う言葉を聴くようになって もう数年 経ちますね。 最初の頃は 自分が使うことなど無いと思っていたのですが、 最近のドローンは すごく扱いやすくなっていると知り ボクも買ってみました。 

実は 前から鳥の目線で 海や山 川を眺めてみたいという気持ちがありました。 

本日は ドローンを注文し 届いたので 箱を開けてみた話です。 

ドローンが届きました

最近は すごいですね。 当たり前のように翌日には届く。 だから 時々 少し遅れただけで怒り出す人までいるという便利で不便な世の中(笑)  と言う訳で 翌日に199gのドローン マビック ミニ 届きました。 

1個 4万6200円

開けてみましょう。 

ボクが大好きなシンプルです。  

左 ドローン本体
右 コントローラー(テレビゲームのと同サイズ)

 

コントローラーの下には白い箱が。

コントローラーの下には 最低限 必要な接続コード、交換用のプロペラ、プロペラを固定するネジ、プロペラを交換する時のドライバー、 コントローラーの十字の中心にねじって付けるスティックが入っています。 機械が苦手な僕でも 理解できる量の付属品です。(笑)

空撮時の映像を保存する為のマイクロSDカードは付いていません。 僕は後から自分で買いました。 ですが、 このようにセットでも売っている所もありますよ。 マイクロSDカードも いろんな物が売られていますが、 中には使い物にならない安物も あるそうなので 僕は このSanDisk Ultraという64GBのものを買いました。 今の所 何も問題なく 使いています。  

ドローンの裏側は こんな感じ。 今 プロペラの付いている足は閉じている状態です。 

誰もが軽いと思うのではないでしょうか・・?  199g 軽い。 スマホより少し重い程度です。 これはスゴイ。  

ドローンの底 写真の上に方にある2つの黒丸がセンサーです。 このドローンのセンサーは この底面のセンサーのみです。 軽くシンプルな分 横と上にはセンサーがありません。 

もっと値段が高くて 重いドローンには底面 以外にもセンサーがありますので障害物にぶつかるのを回避してくれます。でも200g以上の 重量のドローンは重いし、大きいし、航空法も関わってきたりしますので 一長一短だと思います。   

とにかく このドローン マビックミニ には 底面にしかセンサーがないので お互いに木の枝や 屋根など 緊急時に自動的に帰って来るモード(RTH リターン トゥ ホーム)の時の高さ設定には注意しましょう。

 

他に買ったもの

バッテリー

現地で すぐには充電できないので もう1個 買いました。 大容量ってやつにしました。 買った時に1つ 付いてくるバッテリーは 1100mAhなのですが、 あとから買った このバッテリーは2400mAhです。

僕は 今の所 最初に付いていたバッテリーと 後から買った この2400mAhのバッテリーの2本で あんまり欲張らず 少しずつ愉しもうと思っております。  欲しくなれば いつでも買い足せますし。 

マイクロSDカード 

僕は余裕が欲しかったので64GBを買いましたが、1回の飛行時間が最大で18分。 最高画質で撮って1分1Gだとしても 32GBもあれば十分かも。  その32GBのカードを数枚 買って 場所毎に交換するのも いいかも。 僕は いちいち入れ替えるのも面倒なので64GBにしましたが。 

 

Lightningケーブル 9.3cm

コントローラーとiPhoneを繋ぐLightningケーブル 9.3cm

この数百円のケーブルが無いだけでも 困るので予備に買いました。20cmの物もあるのですが、 長すぎて 横に余ったケーブル飛び出し 邪魔で ダメでした。 この9.3cmの長さの方がいいと思います。 

レンズクリーニングティッシュ

撮影はレンズがキレイな方がいい。 僕は旅行に行く時も 数枚 こういう使い捨てのレンズクリーナーティッシュを数枚 待って行きます。 スマホ画面なども拭けますし。  たまに お手拭きにもします。(笑)

まとめ

199gのドローン DJI Mavic Mini(マビック ミニ)を注文し、家に 届きましたので箱を開け 感じたことを そのまんま お伝えしてみました。 

200g以下とはいえ プロペラに当たれば 皮膚は切れ 血が出ますし、 上から落ちれば 事故になることもあると思います。

事故が増える毎に 法律も厳しくなってくるでしょう。 車のハンドルと同じく 遊びのない世の中になるほど 人間はギスギスし、自分より弱い生きものを 無意識に攻撃し始めます。 これ以上 そんな世の中は もう懲り懲りです。

なので 事故が起こらないように何度もイメージトレーニングします。 

お風呂の中や 寝る前などに  頭の中で コントローラーを思い浮かべ、 緊急時を想定し イメージトレーニングをシッカリして 鳥の目線を できる範囲で 無理せず 愉しみたいと思っております。 

また 面白い映像が撮れましたら お伝えします。 

では  また

おわり 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行くのが好きです。 海外に出ると、日本の常識が非常識だったりすることがある。 日本の情報だけを観て生きていたら危険だと感じることが けっこうあります。 旅 以外にも 生活の中で知らせたいことも 書きます。 ストレスにならない程度にやっておりますので誤字脱字、変な文章になっていましたら。すいません。  お越しくださり ありがとうございます。