水没で画面が反応しないiPhone8が復活した方法

ある日 iPhone8が壊れました。 急に壊れたのではなく、 最初はタッチパネルが反応しない状態になり、 その反応しない回数が徐々に増え始め、 画面がまだらになり、 最後には 画面が真っ暗に。 最初にオカシイと感じてから 全く 使い物にならなくなるまで だいたい5時間くらいでした。 

そういえば シャワー浴びた時に スマホを外に出し忘れ 水をかぶった!

結論から先に 言うと そのiPhone8 復活しました。 今は 何の問題もなく使えております。 中に入っていたデータも何も問題なく残っておりました。 もう捨てようか?と思っていたのに直ったので、 同じように水没で困っている人のお役に立てれば幸いです。 ボクはiPhoneを使っておりますが、 他のスマホや 精密機器でも同じように使える方法だと思います。  それでは簡単に説明していきます。

結論から

1秒でも早く電源を切る(タッチパネルが反応して切れる状態なら)

保護カバーを外す(水分除去の邪魔だから)

iPhoneの表面を拭き取る。色んな穴も全て、できる限り 優しい布で

SIMカードを抜き取り 拭く(ピンがなければ爪楊枝で)

乾燥剤あるだけ(お菓子のでもOK)と一緒にジップロックへ(なければビニール袋をシッカリ縛るか、密閉できる容器へ)

半日〜24時間 放置

以上です。  これらを 1秒でも早く やってください。 

やってはいけないこと

電源 付けっ放し

ショートの可能性があるからです。 タッチパネルが反応するならば、又は 反応するタイミングの時があれば その時に ただちに電源をOFFにしましょう。 ボクの場合は ずっとタッチパネルが反応しないのではなく、 時々 亡霊のように画面が浮かび上がる感じだったので その瞬間に電源をOFFにしました。 なにより発火が心配だったので OFFにできた瞬間 ほっとしました。

ドライヤー

これも 素早く乾かしたいので やりがちですが、スマホの中に入っている基盤は とても熱に弱いです。 故障の原因になる可能性がありますので やめておきましょう。

電源のON・OFFを繰り返す

これも気持ちはわかるけど危険です。ショートするといけないからです。 はやく直したいなら ゆっくり待つに限ります。

充電してみる

人間はパニックになると 何を始めるか わからない生き物です。 これも絶対に やめましょう。 とにかく電源に関することは 全てダメです。 ただちに切りましょう。(切れる状態ならば)

振る

これも意外とやりがちだし、気持ちも わかりますが、水がスマホの中で動いて 奥の方など ややこしい場所にいってしまうといけないので やめましょう。 

まとめ

誰かの お役に立てればと、 記憶が定かなうちに 簡単に書いてみましたが いかがだったでしょう。 とにかく 少しでも 水没に心当たりがあり、 タッチパネルや 画面に いつもとは違う異常(反応が鈍い、画面にスジが入る、勝手に画面が黒くなる。など)が出た時は すぐに電源をオフにし、SIMカードや保護カバーなど 外せる所は 全て外して できる限り 柔らかく 吸水性のある布で拭き、(穴も全て) 表面の水分が飛んだら 乾燥剤と一緒に密閉できるビニールか 容器の中へ入れ 半日から24時間くらい放置してみてください。  

以上 ボクが iPhone8が復活するまでに やってみたことです。

故障して困っておられる人が 1人でも 多く 助かりますように。 

では また

おわり

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

時々ひとり旅に行きます。 海外に出ると、日本の常識が非常識なことにも けっこう出会います。 そういうのが面白かったりします。 その度に 日本の情報だけで生きていたら危険だと気づかされます。 日常で感じたことも書きます。